NIGHT & DAY
Livly Island
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

revive

最近インタビュー番組が増えて来て、これまではエッセイを読むくらいしか、
その言葉を知る事が出来なかった役者さんの声が聴ける機会が増えました。
これはとても嬉しいこと。
稽古があったりして、なかなか全部を見るのは難しいですが、
番組表をチェックして出来る限り吸収しようと努めています。

先日、藤山直美さんと中村勘九郎さんの対談を見る事が出来ました。
子供の頃は、なんとなくしか存在を知らなかった天才役者の藤山寛美さん。
喜劇自体に興味がなく、お笑いがむしろ嫌いだったんですよね。
可愛くないし、えげつないし、汚いし、品がないし…というイメージしか無かった。
成長して、役者として生きている今は、それが偏見だったと知っているし、
それが故に膨らまない自分の喜劇のセンスを嘆いてもいます。

私が敬愛する演出サマに多大な影響を与えた人、
目標の役者が寛美さんだと知った時は、その芸を知らない事を、
とても勿体ないと感じました。
でもやっぱりなんだか触手が伸びずに今日まで来ましたが、
娘さんである直美さんの言葉を聞いて、食わず嫌いを再び反省しました。

喜劇をやるなら歌舞伎を見ろとか、
役者として伸び悩んでいる時は、人間性の成長が止まっている時など、
ハッとしたり、当たり前だったりする発言がたくさんあって、
とてもとても役者として真面目でストイックだったことがよくわかる。

天才役者で誰も真似が出来ない人ではあっても、基本の基本にいかに忠実で、
勉強熱心な人だったのか、芸そのものが生きることだった人なんだろうなと、
全然そのレベルで生きられていないことに悲しくなる、恥ずかしくなる。

そりゃあ、お芝居の神様だって、そろそろそっぽ向いちゃうよね…と、
このところ舞台に立とうとする度にピンチが来るのは、
そのサインだと思わずにはいられません。

藤山直美さんが仰っておられました。
自分が芸事以外に進もうとすると邪魔が入り、
不本意でも芸に進むと、不可能でしょということが可能になって、
スルスルと道が開けると。

…いまの私はその逆だもの。
藤山直美さんに限らず、こういう発言をしている方は多いですよね。
進む道が天職である場合は、物事がスムーズに展開するそうで。
勝手に道がお膳立てされてゆくらしいですね。

そういう話の度に、私にはそういうことあったかな、
何をしようとしたら順調だったっけ?と考えるのですが思い当たりません。
さっきは舞台に立とうとするとピンチになると書きましたが、
実はそれよりもピンチの根源になっているのは仕事ではないのか?と
うっすら思うこの頃。
10年にも及ぶ長い長い夏休みに遂にピリオドを打ちまして、
ようやっと働き始めたんですが、身を入れて働こうとすると何かが起こる、
実はそんな気がしているのです。
働きたくない言い訳か(笑)

ま、見極めるためにももう暫く時間はかかるかと思うのですけどね。
芝居に関しては「もう今度こそこれで終わりかな」と思うと、必ずどこかから
声がかかってこれまで繋がって来たという感触があるので、
あまり邪魔されている気はしていないんですが…でも過去には、
稽古に入ろうとすると家族が病気になる、ということが度々あって、
少なからず悩んだこともあったしなー、本当のところはわかりません。

ただ、何かを出来ない事を何かのせいにしているのが一番ダメだと思うので、
ひとまずはガタガタ言わずに精一杯やるしかないですね。
そして「私は役者だ」と日々思って生きて行くこと。
そうしないとどこかで精神が怠けてしまって、
鍛練する気持ちや勉強する気持ちが薄れてゆく。
だってそんなことしなくても、忘れてても、日常は何も困らず流れてゆくものだから。
敢えて自分で一石を投じないと、生活する事に流されてしまう。
それが怖いのです、嫌なのです。

お金がないなら図書館で本をたくさん借りればいい、
借りにいくのが手まで時間がないなら、取り敢えず手近な映画を観るのだっていい、
読んでいない本だって手元にたくさんある。
新聞を隅から隅まで音読して滑舌の稽古だって出来る。
努力しないで「芝居をやりたい」なんて言っても、チャンスなんて来ない。
カッコ悪い自分にはなりたくない。
名作と言われる映画や本を、どれだけスルーしてしまっているだろう、
読めと言われたもの、観ろと言われたもの、それを消化するだけでも、
絶対に力になるのに、怠けて何もしていないけど、
それが嬉しくて楽しくて仕方がなかった、そんな自分にもう一度なる。
絶対に。なる。
スポンサーサイト

ナイトメア

高熱が続いて、眠っては汗をかいて目覚め…を繰り返していたせいか、
毎晩たくさんの夢を見ました。
夢を見ていたことを覚えているだけで、実際に見た夢の内容は
ほとんど思い出せませんが。
一昨日だったかなぁ…すごく寝覚めの悪い夢を見まして。

深夜の道路。
結構なスピードで車が行き交うなかで、倒れている男女。
轢き逃げされて横たわっているその身体を更に車がはねて、
道の上で何度も弾むんです。

私は誰かと4人でその横を通りかかったのか、
窓から見たのかが定かではないんですが、気が付いたのは私だけ。
でも私も、通報も何もせずにただそれを見ている…そんな夢。

嫌な夢だったなぁ。
思わず起きて夢診断してみましたが、やはりそのものズバリの答えは
無かったので、よくわかりません。

死体の夢は悪いと決まった訳でもないようですが、遺体になっていたのかどうか…
なんだか女性が生きていた気もするしなぁ;(^_^A
死体が知り合いだと悲しい未来予知っぽいですが、
まったく覚えがない…というか、顔の判別がつく距離でも明るさでもなかったし。
多分知らない。
うん、そこだけはちょっとホッとしました。

死体=自分には必要なくなったもの、を指すという解釈もありましたが、
その場合、2体あったことに意味があるんだろうなぁ…と思いつつ、
やっぱりよくわからない。

なんだかずっと心に引っ掛かっている夢ですが、その意味がわかる日は来るかなぁ。

P.S. 生きてます

とっても久し振り過ぎて、何から書いたらいいのかわからない(笑)
取り敢えず。
読んで下さっている方がまだいて下さるとして。

コンバンハ♪サラミです。
お元気にしておられますか?
私はちょっと今年に入ってから不調を繰り返しておりまして、
何か治ると何か出る…みたいなことになっていますが、
台本書いたり、舞台に立ったり、朗読したり、元気に活動もしておりますのでご心配なく。

ただ、自分では大丈夫と思っていても、どこかで疲れが溜まり続け、
今までの自分ならどこかでご破算に出来ていたんでしょうけど、
それが誤魔化せないような年代になって来ているのね、という現実は実感(苦笑)
身体は嘘をつきませんね。
だからこそしっかりメンテナンスして、継続的に鍛える事もしようと思います。
そんな年代に差し掛かったのは事実でも、気持ちは一向に老けてません(笑)
結局ね、見た目も中身も年齢は自分で決めるものなんですよ。
周りの素敵な人達を見ていると、それも実感します。

さてさて。
ブログを書かずにいた間、何をしていたかといえば、
何もしていなかったような、すごく忙しくしていたような。
懐かしい人、新しい人、様々な出逢いの中で、自分の甘い部分を気付かされ、
新しい価値観に触れることもできて、大変だけど刺激な時間でした。

本当にねー、どこまでいっても完成形はないんですね。
常に足りないものがあり、でもその足りないものばかりに目を奪われると、
持っている物まで見えなくなるから、自分の良い面や愛せる部分、
持っている武器は武器で、ちゃんと伸ばしてケアして、魅力を磨くのも必要。
そういう意味では、とことん自分に向き合って、自分を知るしかない。
否定も卑下も必要ない。ただ足りないことは知るべき。
そういうことを、いろいろな形で、世界から伝えられている、
そんな気がしました。

今日はとっても抽象的になってしましましたが。
また少しずつ、日々のことに触れていけたらと思います。




RULe

忘れそうになる

時々、
そう時々

忘れてしまっている

私の王様は私だけ

「私ばっかり」なんて思う自分は
光の向こうに溶かして消した

稚さの欠片を尻尾のようにぶら下げて
何処まで行くのだろう

挫けても砕かれても
唇に魂を乗せて
それでも歩いてゆく
お前の名は
懐かしい記号に変えられて
想い出の中に沈み込む

それが王様の望み
王様が決めること
誰にも何にも
譲らないこと


旅立ちの日に

初めて会った日から
あなたのことを好きだった
秘め事を胸にしまった日
近付いた日
涙を受け止めた日
笑った日

愛しい想いと
胸をかきむしられる想い
誰より近かった時間と
世界の果てより遠い
誰よりも傍にいたかった時間

忘れたことは一度もない
忘れられる日もきっと来ない

フレームインしている沢山の笑顔に
そこに存在しないことを感じる度に
いつも心がきしんだ
けれど
笑っているあなたがいるなら

もう逢う事はなくても
ずっとずっと
ただずっと
幸せを祈ります
大好きで大嫌いな
誰よりも可愛いあなた

想いも言葉も
指先も
届くことはないけれど

それでも

あなたには懐かしく
私には馴染みのない場所で
あなたの優しさが
本当の健やかさを取り戻すことを

二度と触れたくないものさえ
懐かしく笑い飛ばせる日の訪れを
心から願います

赦すこと
慈しむこと
抱きしめること
大きな愛を
彼の真心に
いつか返せるあなたでいて下さい


プロフィール

☆彩羅美☆

Author:☆彩羅美☆


さらみです♪

仮想世界でほそぼそと生息中。
お蔭さまで5周年。
今日も世界の隅っこで呟こう。

グリムス
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。